家計簿を手書きして見直してみた

家計簿~貯金を増やすぞ~

2020年1月からの家計簿を紙に書き出してみた

いつもはカナヘイの家計簿アプリを使って管理しています。

今日は日経ウーマンの付録でついてきたマネー手帳を使ってみようと思いまして。

積まれていたノートを発掘しました。

マネー手帳にはワークもついてくる

月にかならずかかる金額の支出合計や、年収の計算、病気にかかったときに必要なお金の算出などなど、マネー手帳にはワークもついてきます。

半日がかりでこの4ヶ月半分を書き出してみてわかったこと。

週平均使用金額2万円。。。。。

固定費を除いて、自由に使える金額は3万円ですが、私は5,6万円使っていました。

そりゃ赤字だわ。

無理のない金額で先取り貯金

とにかくお金を貯めたくて、先取り貯金の金額を手取りの6割に設定していたのですが。

少し無理があるのかなあ、と。

いや、切り詰めればその金額で生活できなくもないです。

しかし欲しい物を我慢しすぎもどうかな、と思いました。

こころの潤いをなくして、我慢が爆発して、一気に赤字転落では意味がありませんよね。

実家暮らしは手取りの3割~5割くらいまわせればOK

まずは無理のない金額から始めて、慣れてきたら徐々に金額UPしていきましょう。

ってどの指南本にも書いてある気がします。

実家暮らしは手取り3割~5割、一人暮らしなら手取り1割~2割だそう。

家賃払ってるから、1割から始めればいいのかな。

手始めはまず1割から

赤字家計から一向に脱出の気配がないので、まずは1割から訂正しましょう。

WEB上で訂正できるのかな。

窓口行かないといけないかな。

それでは

ぼちぼちいきましょー。

タイトルとURLをコピーしました