彼のこと

暮らし

なんかメンがヘラっている勢いで、彼のことを少し書いてみようと思う。

彼と知り合ったのはかれこれ十数年前、とあるブログサービスだった。

彼も私もブログを書いていて、所属のカテゴリが、たまたま同じところにいた。

私は大学生で、彼は中学生だった。

(この一文だけ見るとなんか犯罪っぽい)

始めはあしあとをつけたり、あしあとをみかけたり、していて、そのうちコメントを書くようになり、そうして数年後、お互いの作品を交換した。

交換した作品は、私が初めて出版社に投稿した原稿だ。

26くらいじゃなかったかな。そのとき。

私にとって小説を書いてひとに送ったのは彼が初めてで、他人に批評してもらったのも彼が初めてだった。

ボロカスに言われたのを覚えている←

作品交換して、年賀状を書いて、メールで話すようになり、27くらいのときにスカイプを始めた。

声だけで。

まあ、電話ですね。

実際に会ったのは、さらに2年後の29のときだ。

彼は7つ下なので、22歳だった。

その彼が今年29歳。

付き合って7年目。

よく続いているな、と思う。

よく私につきあってられるなあ、とときどき感心してしまう。

統合失調症の前はうつ病と診断されていた。

薬も今よりもっと多くて、花粉の時期なんかは一日に15錠くらいの薬を飲んでいた。

そりゃ、体もしんどいわな。

母親から虐待もどきみたいな扱いを受けていて、圧力をかけられて主治医に言わず勝手に断薬して、統合失調症になった。

母が亡くなってしばらく経つけど、本当に死んでくれてありがとうございます。

人生のボーナスステージはいりましたか、神様。

あとは余生は短くお願いします、って思ってしまう。

私が死にたいっていうと、彼は嫌がる。

もったいないよ、せっかく頑張っているのにって。

でも彼は、自分は死ななければならない人間だ、と言う。

そうして、私が反論すると、

違うよ、死にたいとは言ってないし、死ぬとは言ってない、と言う。

どこが違うの?と聞くと

全然違うよ、と言う。

彼の言いたいことはたまによく汲み取れない。

ちなみに彼のボケは高度すぎて、ツッコめない。

バカなので、もっとわかりやすくお願いします。

あいしてるよ。

タイトルとURLをコピーしました