年齢を感じたとき

60kgからのダイエット健康計画

久しぶりに自分の顔を大きな鏡で見たら、年齢を感じたよ

おはようございます。

今日の天気は曇り。若干雨降ってるのかな。

先日、久しぶりに美容院に行ってきました。

一年ぶりくらいの美容院です。

コロナでなかなか行けなかったからね。

で、髪を整えてもらって、さっぱりして、美容院の大きな鏡で、自分の顔を見たときにですね。

「随分、老け込んだなあ」

と感じたんです。

がーん、みたいな。

白髪染めも検討せねば

もともとショートカットが似合わないのですが、今回は自分で少し切ってしまったのを、整えてもらいにいったのですが、かなり短くなりました。

まあ、自分で切りすぎてしまった私が悪いのですが。

短くなった髪から見える自分の顔のサイズが、やけに大きく感じて。

皮膚もごわごわな感じで。

これはなんとかしないと、と思いました。

プチプラ使いも限界か

化粧水は、ナチュリエのハトムギ化粧水、乳液は極潤の美白タイプ、そして時々保湿タイプの美容マスク。

昔は、一本3,000円するような化粧水やら乳液やらを使っていたのですが、金銭的に厳しくなりまして。

美容はお金がかかるなあ、と、削ったのですが。。。

やっぱりあの化粧品は高いだけあったなあ、と反省。

美容品の旅に出ようと思います。

あとは化粧のお勉強もしたいです。

見た目なんですよね

キレイになる、というだけで、すごいエネルギーを持つんだなって実感してます。

老け込むと、本当に、顔に力がなく、だらしなく見えました。

そのときに、ふと思いました。

「自分を好きになりたい、自分を自分で認めたい、自分に優しくしたい」

何を唐突に、と思ったのですが、老け込んで、がっくり肩を落とした自分の姿が、本当にみすぼらしくて。

悲劇のヒロインではないですが、なんだか自分が可哀想になってしまって。

もう少し、自分に手をかけてあげてもいいんじゃないのかな、って思いました。

貯金も大切ですけどね。

年齢を感じでも、いきいき楽しい自分でいたい

そんなわけで、前の手帳の記事で、食事の記録をとる、と書きましたが、

美容に良いものも積極的に摂っていきたいな、と。

まあ、赤字家計簿にならない程度に、頑張ります。

それでは。

タイトルとURLをコピーしました