同棲を決意した日

暮らし

彼と一緒に暮す日

8月に彼に「家においで」と言われて、うだうだ悩んでいたのですが。

憑き物がとれたように、スパーンと、じゃあ、そっちに行きます、と決意しました。

この重かった雲みたいなものがとれて、今は晴れやかな気分でいます。

といっても実行するのは約一年後

仕事との兼ね合いで実行するのは来年の夏。

父にはまだ言えてませんが、言えたら言う、言えなかったらそのまま家を出ることは決めています。

その前に転居に必要なことを調べて、下準備をしておかないといけません。

コロナでずっと会えなかった一年

彼に直に対面で会ったのは、今年のお正月。

そこからコロナ騒ぎが始まって、結局今まで会えませんでした。

ずっと、ずっと会いたかったし、彼も不安定になっていて、喧嘩になることもしばしば。

このままじゃいけない、と彼が彼の両親にかけあってくれて、一緒に住んでも良いことになりました。

ありがたいと思う反面、こんな夢みたいなことが起こっていいのかな?なんて思っています。

彼と生きていく覚悟が足りなかった

8月に話を受けて、すぐに行動していれば、年末までには一緒に暮らせていたかもしれません。

でも私は実行に移せなかったんです。

彼のことをごちゃごちゃ書いたのだけど、思うところがあって削除しました。

結局、私は彼のことが大好きなので、それが一番大事ということで。

出会って15年、つきあって7年

今年の11月でつきあって8年目に突入します。

私は統合失調症です。

今でこそ、寛解に近い、という状態なのでしょうが、

(幻聴はありますが、受け流せることが多いです)

以前は、急性期と停滞期を短いスパンで繰り返して、精神はズタボロな状態でした。

そんな状態で、フルタイムで働いていたのですが、それを支えてくれたのが、彼の存在でした。

毎日のテレビ電話で、私がきいた幻聴に怒ってくれ、否定をしてくれました。

暗闇が怖い夜も、母が亡くなった夜も、ひとりの夜も、彼が毎日、私が眠りに落ちるまで、電話をつないでてくれました。

普通の人じゃできない助けをもって、私は仕事を続けることができました。

以前勤めていた職場でいじめにあって自殺を数回試みたときも、彼がめちゃくちゃ怒ってくれました。

彼がいなかったら、今日の私はここにはいない。

でも、私は移住するのが怖かったんです。

何が怖かったのか。

父に殴られるんじゃないか(うちの父はDVです)、自分の判断が間違っているんじゃないか、うまくいかないんじゃないか。

ずっと考えていたのですが、今日、すっと答えがわかりました。

自分で考えて起こした行動の責任をとる、ということが怖かったんです、私。

ずっと自己否定をつづけてきた

ずっと自分に自信が持てないままでした。

自分の判断も自信が持てないままでした。

親のせいにしてしまえばそれまでなのですが、

「おまえはできない子、だめな子」

という強迫観念を植え付けられ、ずっと否定され続けてきた人生でした。

だから、今度も失敗するんじゃないか、ずっと親に飼いならされたペットのまま、一生を終えるのかと思ったらぞっとしましたが、他に生きるすべはありませんでした。

でも、私も今では外で働けますし、行政の助けを受けられることも知っています。

だから、自分の判断を信じて、進んでみよう、と思ったのです。

そんなわけで

いろいろ課題は山積みですが、とりあえずまた一歩進みました。

さて、残りの期間はお仕事もりもりします。

それでは、みなさま、よい夜を!

タイトルとURLをコピーしました