父に言えた日

暮らし

同棲の話を父にした

怖くてしかたなかったけど、私の中のストレスも限界で、勢いで父に話した。

8年つきあっている彼氏がいること。

コロナで会えなから、同棲の話が出ていること。

体が震えるのをこらえて、怒鳴られるのを恐れて。

開口一番、父は

「何してる人?」と。

ライター、とだけ言った。

収入は少ないから、私も働くつもりであることも伝えた。

「ひつじさんの人生だから」

そう言われて、ほっとした。

同棲生活のことよく考えて、ひとつでも引っかかりがあるならやめなさい。

そんなのなかった。

気分が今まで抑圧されていた分、ジェットコースターのように跳ね上がって、週末はテンションがおかしかった。

数日、そのハイテンションで過ごし、今、反動の鬱々期がきている。

もともと前の職場を辞めたときに「こっちで就職しないの?」と同棲の話は出ていたのが、その当時は父をひとりにするのが心配で、踏み切れなかった。

今は父も好き勝手にやっているので、私もいいかな、と思っている。

去年の8月に同棲しよう、と再度言われて、この半年、よくよく考えた。

考えすぎて疲れるほど考えた。

でもやっぱり一緒にいたいし。

こころのどこかで、親が死ぬまで、私は自由になれないんだと思っていたことに気づいた。

思っていた、というより、確定していた、というか。

統合失調症の症状で思い込みが激しい、というのがあるが、それかもしれない。

だから「ひつじさんの人生だから」と父が手を放してくれたことに、驚きと不安が一気に襲ってきて、なんだか拍子抜けしてしまった。

これからは私の人生を生きるぞ。

カウンセリングの先生にも言われた。

「自分の人生を生きましょう。親の課題は親のもの。子供が背負い込む必要はないの」

そんなわけで、同棲生活にむけて、また一歩前進した。

タイトルとURLをコピーしました