就活に向けて動き出す〜自己分析〜

暮らし

我究の本をやり始める

dav

学生の就職活動において、自己分析するときの定番の本らしいですが。

前職に着くときもこの本を使ってみましたが、いまいちよくわかりませんでした。

今回始めてみたら、前回よりもしっかりと振り返りができているなあ、と。

0から6のステップがあって、

・0は我究を始める目的や意気込み

・1は好きなことや嫌いなこと等の記録

・2は過去の自分の歴史を振り返って、掘り下げていく感じ

今、2−3まで終わって、結構書いたなあ、なんてノート見ていますが、目的は書いた内容ではなく、自己を振り返ること。

今回、結構掘り下げることができたのは、カウンセリング効果もあるのかなー、なんて思いました。

というのは、カウンセリングで自己と向き合う訓練をしているので、どういうふうに向き合ったらいいか、というのが出てきやすかったのです。

2−3は浪人時代までの自分の歴史の振り返りですが、結構空白な時間とかもあって、私、このときなにしてたんだろうな、的なこともあり。

ただ、一環して抱えている問題も浮き彫りになってきました。

毒親との関係とかね。

愛せないなら、愛さなくてもいいから、否定とか暴力とかしないで、せめて優しくしてほしかったなあ、とか。

遊びも適度にいれないと、勉強とか進まないものなんだなあ、とか。

ほっと安心して休める場所がないと、そもそも何かに集中して真面目に取り組むのは無理だよなあ、とか。

いつもなにかに脅かされるような心持ちだと、少しの攻撃でも過剰反応してしまうなあ、とか。

学校で暴れたりする子って、やっぱり家に問題があったのかなあ、とか。

そりゃいつも不安だったら、将来像なんて考える余裕ないよな、今が精一杯だもの、とか。

過去の傷が癒やされないままスルーされてしまった小さい私を労ったら、少し心が軽くなりました。

そういう目的で使う本ではないとは思いますが、思わぬ副産物。

プログラミング言語の勉強を始めました。

プログラミングを学ぶにあたって、調べてみたら、学校というか専門学校というかあるんですね。

ただ、中身をみてみると、初歩から教えてもらえるものであっても、全体の講習期間が短かったりするので、ある程度の知識は持っていたほうがいいのかな、なんて。

職業訓練として給付金対象になる講座もあるみたいですが、給付金差し引いても高い。。。

で、初歩〜基礎くらいまで学べるというサイトがあったので、試しにやってみたんですが。

た、楽しい。

本当に初歩からやろうと思って、HTMLの勉強から始めました。

時間は有限なのですが、自己分析で自分を見つめ直しつつ、プログラミングの勉強もやっていこうと思います。

MOSはエキスパートの本を買ったのですが、難しそうでうへえってなって開いてません←

それでは

今日も一日お疲れさまでした。

良い夜時間をお過ごしください。

タイトルとURLをコピーしました