同棲してから一ヶ月経ちました。

暮らし

遠距離恋愛からの同棲はじめました。

そんなわけで、同棲してから一ヶ月ほど経ちました。

環境にもだいぶ慣れ、ご飯などは、義理の両親(入籍してないから義理ではないのだけど)がいるときは、皆で一緒に居間で食べます。

まだ少し緊張しますが、ママさんもパパさんも優しいので、ご飯はちゃんと食べられます。

外食は、たまに粘土の味になってしまいますが、でも、デジタル耳栓や頓服の並用で、だいぶ改善されてきました。

彼とふたりのときは、基本的に彼がご飯を作ってくれます。

私はこちらに来て、まだ一回も料理してません&カップ麺食べてないです。

なんて健康的な食生活。

ひと月以上もカップ麺食べないなんて、過去に一度もなかったんじゃないかしら。

子供の頃を除いて。

母が亡くなってからは、どうしても夕飯が作れない時はカップ麺だったし。

そこにいてさわれる安心感

遠距離恋愛中は毎日スカイプでテレビ電話していましたが、同じ空間で息しているのは全く安心感が違います。

めんと向かって話せて、いろんな角度の彼が見れて、さわりたいときにはさわれれるし、むぎゅうしてもらえるし。

ご飯の話とか、日常生活の何気ないことで会話できるし。

一緒に画面見て盛り上がれるし。

すぐ隣にいるし。

幸い私達には二部屋あるので、ふたりでいるのが苦しい時や作業に集中したいときは隣の部屋に移動したりできるのがまた良いです。

逃げ場は大事。

ゆるくやることは大事。

あとは、彼はあくまで他人なので、自分と同じではないので、言いたいことは察してもらう&察するのではなく、声に出して伝えることを心がけています。

難しいけどね。

では。

昨日は地元にトンボ返りしたので、今日は少し寝坊するつもりでしたが、結局早起きでした。

さて、では我究の続きでもやりますかね。

タイトルとURLをコピーしました