文通~お手紙を書くのが趣味なんです~

暮らし

お手紙を書くのが好き

私にはもう十数年文通してるペンフレンドがいます。

知り合ったのは大学時代。

その頃は携帯ホームページや携帯ブログの全盛期で、私ももれなく自分のホームページを作って小説を連載していたんです。

その時の初めての相互リンクを貼ってもらったのが、そのペンフレンドです。

彼女は小説と絵を書いていて、お互いに掲示板に感想を書きあったり、年賀状を交換したりと交流を重ねてきました。

今はもうそのホームページはなくなってしまったのですが、文通だけは続いています。

彼女からお手紙くると元気をもらえるので、お手紙のパワーってすごいって思います。

郵便局で見つけたPFC会員のパンフレット

先日、八十四円切手が無くなりそうなので郵便局へ買い出しにいったところ、待っている間にパンフレットを眺めていたらペンフレンドの募集というのがのっている「Letter Park」という広報誌を見つけました。

待っている間にぱらぱらみて、ちょっと一部もらってきました。

これはお手紙に関する広報誌のようで、ペンフレンドの募集や、新しく発売される切手の特集なども載っていて。

ペンフレンドは海外の人のも載っていて、こんなの郵便局で特集しているんだ、と。

月報なのかな?

ちょっと申し込みしてみようかな、と。

年会費とかかかるのだろうか。

SNS時代でもあえての手書きのコミュニケーション

SNSは瞬時に繋がれます。

しかしそれは、同時に相手の時間を奪うということ。

お手紙はやりとりに時間はかかりますが、送ってしまえばあとは相手はタイミングに合わせて読むことができますし、相手のタイミングで返信を送ってくれます。

SNSでそれはやろうと思えばできなくもないですが、ちょっと難しいという面もあると思います。

空気読めないとかサイコパスとか、そういう圧力がある気がするので。

お手紙書くのが楽しい

手書きの文字とかイラストとか、もらうと嬉しいですし、また書くのも楽しいです。

昔はそういえば大量に書いて超分厚い封筒を郵送していたなあ、と。

便箋十枚とか。

どんだけ書くんだ。

それでは

あまりペンフレンドを増やしても書けなくなってしまったら申し訳ないけれど。

英文のペンフレンドとかも楽しそうだな、と思ったり。

それでは。

タイトルとURLをコピーしました