38回目カウンセリング受けてきました【統合失調症闘病記】

統合失調症闘病記

カウンセリング受けてきたよ

メンタルを病み、鬱病と診断されたから十七年、統合失調症と診断されてから八年、カウンセリングを受け始めてから三年が経ちました。

病気の完治ではなく、症状とうまくつきあって一日一日を平穏に過ごすことをこころがけています。

今回は初めてスカイプでカウンセリングを受けてきました。

スカイプでのカウンセリング

お値段は一緒。

いつもは対面で受けていたので、画面越しはなんか変な感じがしました。

朝予習したことを元に、とりあえず先生に吐き出します。

前回、カウンセリングを受けたのが引っ越し前なので、時系列に出来事を並べて話して。

カウンセリングで先生と話すときは、友達との会話の仕方とは違い、だいたい私が一方的に話してそれを先生が聞きながら途中でとめて整理してくれたりします。

だからとりあえず頭の中を吐き出します。

今現在不安なことをまとめたり、事実確認(主観ではない)を一緒にしたり。

でもやっぱり対面の方が話をした感じがあっていいなあと思いました。

スカイプだとなんか味気ない。

転院するよ

地元の病院だと帰省する交通費がちょっと高くて。

こっちの病院で口コミが良さげで、予約が比較的すぐにとれるところを探して。

来週初診行ってきます。

カウンセリングと併用していてお薬をむやみに増やさない方針のところです。

ただ医師もカウンセラーも男性。。。

カウンセリングも受けてみようと思いますが、性の悩みとか女性特有の悩みとかちょっと話しづらいなあって思っていて。

実際に受けてみて、ちょっと話すの無理ってなったら今まで通りの先生(女性)にカウンセリングお願いしよかなって思っています。

料金は病院の方が少しだけ安い。

何百円の差だけども。

スカイプで受けるカウンセリングの難点

スカイプだと自宅で受けられるという利点がある反面、自宅で受けるがゆえの弊害もあります。

それは家族が自宅にいるときに、スカイプで話をしづらいということです。

特に家族のことだったり、家族に知られたくないことだったりする話は、スカイプだとちょっと話しにくいです。

部屋の防音がちゃんとしていれば大丈夫ですが、だいたいのお家って音が筒抜けだったりします。

なのでそこは難点かなあ。

対面だと場所を移動するので、その点は話しやすいと思います。

それでは

今日も一日頑張りましょう。

良き日になりますように。

タイトルとURLをコピーしました