イライラが止まらない+ミニマルライフのこと

暮らし

イライラが止まらない

ずっと最近、イライラしていて。

原因はいろいろあるのですが、一番大きなものは、家にいるのに休めないこと。

お家のお手入れをしているので、工事の人がうろうろしていて、日中、人の気配がするので、気が休まらないのでしょう。

話し声は幻聴にもなるし。

で、なんか、プライムでミニマリストの本を読んでいたら、何もかも捨てたくなって。

ゲーム機もパソコンも、タブレットも。

漫画も小説も。

いやちょっと待て、落ち着け、と。

とりあえず、一度、売るダンボールに放り込んで、そこから出したり入れたりを繰り返し。

何やってんだよ、と疲弊しながら反省中です。

やりたいことを絞ろう

時間は有限。

私はひとりしかいません。

っていうのは、何回も確認しているのですが。

時々思考が暴走して、あれもこれもやらなきゃってなります。

で、選べなくて、疲弊して、今度は何もかも捨てたくなる。

このブログでさえも(そして移転を繰り返す)。

とりあえず、頭の中のタスクを書き出してみるとこんな感じ。

頭の中のタスク

・自己分析

・求人みる

・カウンセラーの勉強

・ゲーム実況

・ブログ

・母の亡霊

ひとつずつ見ていきましょう。

自己分析

我究というのをやっている途中です。

一冊の本を基本にしてやっているのですが、とにかく分厚い。

今はカウンセラーの勉強をメインに作業しているので、こちらは一旦中断しています。

しかし、やったほうがいいだろう、という思い込みも強く、できてないので焦っています。

自己分析って疲れるので、あまり一度に進めません。

消化不良でうわーってなっている感じ。

求人をみる

資格取得予定後の就職を考えているので、年末くらいになってしまうのですが。

一応、どんな求人があるのかぐらいは見ておいたほうがいいよな、っていう。

お給料とか年間休日とか。

曜日を決めてさくっとやるか。

ずっと気にしているので、神経が疲れてきます。

カウンセラーの勉強

一応、勉強スケジュールみたいなものは、たててもらえるのですが、期間に余裕はあるのですが。

いちステップ見開き一ページとはいえ、情報量ぎっしりなので、消化するのに時間がかかります。

そのため二ステップを一時間やると、もうぐったりしてきます。

気持ちとしてはもうちょっとやりたいのですけどね。

気持ちは焦っています。

ゲーム実況

とうとうSwitchのライトじゃない方の本体に手を出しました。

使ってないディスプレイをもらって、こちらの実況もできる予定です。

もう、編集とかめんどくさいからやりたくないけど、普通に実況は撮りたいのです。

ただ、ゲームをするのって、眼精疲労がものすごく酷いんですよ。

私の視力が悪すぎるのですが、一時間モンハンやるともういいやってなります。

私の腕なので、依頼は一件しかこなせないんです、その時間だと。

もうちょっとやりたいけれど、体が先に悲鳴をあげます。

メガネを外すと、ぐっと軽くなるので、お金貯めてレーシック受けたいです。

眼精疲労、まじつら。

ブログ

あまりにもイライラしている中、読んでしたミニマリストの本。

断捨離したくて、でもただ捨てるのは意味がなくて。

その方の本にも書いてあったのですが、本人にとって無駄なものがないことがミニマリストだと。

捨ててしまって、かえってお金がかかったり、不便になるのは違う。

ただモノを減らせばいいってものではないんだな、と。

で、断捨離で、ブログも閉鎖してしまおうかとも思ったのですが(またか:移転病め)

こうして文字を打ち出して書くことは私の中の整理にも繋がっているので、閉鎖してもたぶんまた始めるよな、と。

ただ、有料でやるのは違うのかもなあ、と思ったりするのですが、広告を外す為に有料サービスに入ったりするので、結局おなじところかな、とも思ってます。

母の亡霊

私はリストカットなどの自傷はしたことがありません。

その代わり、精神的な自傷はよくやります。

たぶん、そのせいで、焦っていたり、対人恐怖が酷くなったり、幻聴を増長させたりしてるのではないかなあ、と。

精神的な自傷というのは、頭の中の妄想で、怒鳴られたり、殴られたり、蹴られたり、髪の毛を引っ張られたり、ナイフで刺されたりというのを実感すること、をしています。

しています、というか、たまにそういう妄想に囚われて、そこから逃げ出せなくなります。

統合失調症の症状のひとつ、妄想なのかもしてませんが、昔、親から受けた虐待を再現じゃないけれど、それを誇大した暴力を、頭の中で振るわれているのです。

そこの枠はひとつ。

もっと苦しめ、という思い込み。

親からそう刷り込まれて育ちました。

といっても親はそういうつもりはなかったのかもしれません。

私が勝手にそう受け取っただけで。

子供に寄り添っているようで、子供の不幸を願う

母は祖母から虐待を受けていました。

だから、母は祖母に比べたらいくらかソフトな接し方でした。

でも、私は母と話す度に「お前はだめな子、できない子」というメッセージを常に受け取っていました。

私が子供を持ちたくないのは親の影響もあるでしょう。

私は、私の子供に、私の親がしたようなことはしたくないし、私のような子供ははっきりいってほしいと思わないからです。

負の連鎖は断ち切らないと永遠に続きます。

子供にとっては永遠の地獄です。

母は死ぬまで、結局、祖母に愛されなかったことに囚われていたし、たぶん私もそうなのでしょう。

これを自分の子供を作ってまで引き継ぎたいとは思いません。

そんな感じで

少しネガティブ思考ですが、やりたいことを絞るのはいいことだと思います。

私は優先順位をつけるのも苦手なので、よくぐるぐるしてしまいますが。

ここで整理したことで、頭の中がまとまりそうです。

それでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました