カレーの甘口はなんであんなにうまいのか

暮らし

夕飯はカレーでした。

夕ご飯は義母特製カレーでした。

バーモントカレーの甘口です。

カレーは甘口が好きです。

インドカレーは中辛が好きです。

日本のカレーのおいしさって甘口にあると思うの。

我が家では義両親が中辛派、私と彼は甘口派です。

おいしくて二杯も食べちゃいました。

ノーマネーデーな一日

今日はノーマネーデーにするぞ、と意気込んだのはいいものの。

お金を使わない娯楽ってなんだ? って思ったときに、あ、筋トレ、と思ったわけです。

そんなわけで、体のメンテナンスを自分でする日になりました。

エアロバイク漕いで、スクワットして、足のマッサージして。

ちょうど、前にもらった美容オイルがたくさん余っているので、それをたっぷり使って、ふくらはぎや太ももをマッサージしてリンパに流すって作業をしました。

そうしたら、なんか充実した一日になりました。

自分をちゃんと労ることができたのかな?

まあ、結局、彼とおつかいに出されて、一緒にお菓子を買ってもらってしまったので、実質ノーマネーデーにはならなかったのですが。

またこういう日があってもいいなあって思いました。

自己メンテナンス日ですね。

幻聴が聞こえる状態が通常運転です

怯えていても仕方ない。

聞こえてくるものは聞こえてくるので、それを受け取らずに流す、の訓練です。

他人はフィクションなんやで。

ずっとイヤホンで動画を流して幻聴を消したりしているので、その影響もあるのかな。

耳元でずっと怒鳴られるような感じで聞こえてきます。

それが通常運転。

だから、大風の音、雨の音、雷の音、人の話し声が苦手です。

それらの音がすべて幻聴になって、耳を襲うからです。

でも統合失調症ってその状態が通常運転なんですよね。

いかにその怒鳴り声の幻聴を受け取らずにスルーできるか。

スルースキルが要求されます。

じゃないとメンタル病みます。

そりゃそうだよ。

何もしてないのに、ずっと怒鳴られてるんだもの。

ずっと嘲笑われてるんだもの。

次第に自分の生きてる意味とか、存在そのものの意味とか考え出しちゃうくらいには病みます。

自死が死因で多いのはそういうところにあるんでしょうね。

薬が増えても幻聴は減りません。

というか変わりません。

自分のこころの有り様をどうにかするしかないのです。

だって、外の世界に対して、バリアがちゃんと張られている時もありますから。

そういう時の世界は本当に静かです。

そうして、その静かな世界が幻聴のない本物の世界なんだと思います。

幻聴から逃れるには死、しかない。

だから幻聴を受け取らずにスルーするスキルが必要なのです。

では

さて、歯磨きしながらスクワットでもしますか。

今日も良き日になりますように。

コメント

タイトルとURLをコピーしました