結局カフェインで頑張れる

暮らし

カフェオレがおいしい夏

朝カフェオレすると、一日の集中力があがる。

カフェインのとりすぎはよくないから、一日二杯までと決めているが、結局、カフェイン中毒の症状も出ているから、本来なら止めるべきなんだろう。

しかし、夏場に飲む冷たい、氷をいれたカフェオレは、何故にあんなにおいしいのか。

ドリップコーヒーは胃にくるので(私は)、全然インスタントコーヒーでいいのだけど、おうちカフェオレでプチカフェ気分だ。

ここにお気に入りの小皿にちょっとしたお菓子があれば、もう本当に、カフェというか最高のおやつ時間だと思う。

こうしてひとは物を増やしていくんだなー。

掃除の続きをしたよ

今日は本棚の整理をした。

先日、通販(またもや通販)で本を買ったので、それらを置くスペースが必要だからである。

もともとカラーボックスに収まる分しか持たないと決めていたものの、元来の本好き(活字中毒)な性格が相まって、あっという間にスペースは埋まってしまった。

掃除して、要らないもの(古い雑誌や、提出済みの課題本など)を処分し、二列になっていたところを一列で収まるようにはしたものの、新しく七冊も買ったから、容量オーバーである。

どうしよう。

本来であれば冊数が行けば古本屋に売ってしまうのだが、いかんせん、お気に入りで手元においておく用の本と未読本しか残ってない。

そうして未読本を消化しようと、いそいそと読書へと乗り出したのである。

読み出すと、止まらない。

そうしてこれも手元においておこう、あれもおいておきたい、となるので、結局スペースは空かないのだ。

埒が明かない。

スペースを増やすことも考えたが、もうひとつカラーボックスを置くスペースもない。

決して部屋が狭いわけではなく、むしろ一人暮らししていたときの部屋よりも若干広いくらいだ。

要するに物が多すぎるのである。

後で、場所を決めて少しずつ断捨離をしようと思う。

先日、手帳を捨てた話

去年、今年用にシステム手帳を買った。

A5版のなかなかのサイズ感のあるやつだった。

表紙の作りもしっかりしていて、色もラズベリーと明るく、見ていてモチベーションが上がるようなやつだ。

でも、捨てた。

理由は簡単。

私には使いづらかったのである。

結局、今は、ノート式のA6版の薄いマンスリーの手帳を使っている。

持ち運ぶときは、その手帳を持つ。

といっても持っていくのは医者に通う日だけだ。

休みが不定期なので、次の通院日を決めるのに手帳がいるのである。

その時以外は、専ら、卓上カレンダーを愛用している。

今使っているのは、去年の年末に通販のおまけでもらった卓上カレンダーだ。

化粧品メーカーのものなので、わりとセンスが良く、使い勝手も良いというのは偏見かもしれないが、

私にとっては使いやすい。

毎年の手帳選びは、可愛い絵柄に癒やされ、選ぶのが楽しみであったが、

こうしてみると、半年として同じ手帳を使ったことがないので、実は手帳いらない人なのでは? と思った。

とは言っても、医者のときは手帳が必要なので、持ち運びしやすいマンスリーのみの小さい手帳は必要だ。

そんな感じで

読書はストレス発散にもなるらしいですね。

では。

コメント

タイトルとURLをコピーしました