ひと月の予算を少しずつ調整中

家計簿~貯金を増やすぞ~

少し予算を削って足して

変動費の予算を先月から3万円にしている。

そして投資の額を減らした。

貯金金額はそのまま、余ったお金はプール金として口座に残している。

生活防衛費として一年分の現金を貯めること。

しばらくはこれでいきたいと思う。

私の場合、だいたい10万円(貯金額含めない)くらいあれば十分暮らせるので、

10万✕12ヶ月=120万円を生活防衛費として貯金する。

今、貯金口座には34万円しかないから、あと86万円か。

結局現金預金が一番強くて、投資はその次だ。

変動があるからね。

でも最近は少し持ち直し始めたので、良かったと思う。

今は原価プラス6万円ほどの利益で動いている。

一時期、マイナス3万円とかまで落ち込んだから、だいぶ持ち直したと思う。

日用品が高い

日用品の何が高いって、日焼け止めや洗顔フォーム、化粧水やクリーム、コットン、全てが高い。

ランクを落とせばいいのだろうけど、それを買うって頭が固定されているので、なかなか実行に移せないでいる。

特に洗顔フォームは詰替えでさえ千円超えるので、ちょっと検討しなければ。

あとは何に使ってるだろう。

浪費として外食をとらえると、きりきり締め付けている感じが酷いので、そこはあまり締め付けたくない。

7月のノーマネーデーは13日だった。

7月31日まであるから、半分以上の日数でお金を使っていることになる。

6月なんかもっと酷くて、ノーマネーデーは5日しかない。

8月もすでに半数の日数をお金を使って過ごしていることになる。

もう少しなんとかなるんじゃないか、と思って、ノーマネーデーを増やしたいのと、

一回のお買い物金額を減らしたい。

たとえばひと袋2,000円弱もする餃子をやめる、とか。

出かけるときは、予め、これとこれとこれ、みたいなお買い物リストを持参する、とかして、

対策をとれると思うのだけど。

大型家具もだいたい揃ったし、レインスーツや洋服なんかも今のところ買い替えの予定はない。

でも予測なく出費は訪れるものなので、やっぱり貯金である程度備えておくことは大事だと思った。

積立貯金すること

予算でこのくらいかかる、というのを年間支出から見積もったことがある。

そこから月々で分割して貯めよう、とエクセルで計算してみたところ、

日々の生活費がほとんどなくなってしまった、という経験がある。

支出に対して収入が少なすぎるのである。

特に贅沢をしているわけではない、という感覚なので、ちょっとがっかりした。

普通の生活を送るのには、フルタイムで働くのでは足りないのか、と。

でも結局のところ、ある程度の生活水準は保たれているから、それを維持すること自体が贅沢なのだと思う。

ハイスペックのスマホとPC、可愛い食器や使いやすくてしっかりとした家具、電動歯ブラシとかね。

お腹が空いてないのに、お菓子を大量に食べるとかね!

キャッシュレスもうまく使って予算内におさめること

キャッシュレスでポイントも上手に使って、予算に収めること。

今月も予算3万円ですが、いけるかな?

カウンセリングを受けるとなると医療費が8,000円近くなるので、それを考えると厳しいけど。

うーん、お金の使い方って難しいですね。

お金と向き合うのは、自分自身と向き合うっていいますが、

本当にそうです。

どうしてそれに使ってしまったのか。

よく考えてお金を使っていきたいです。

では

目指せ、赤字脱出!

コメント

タイトルとURLをコピーしました