糖質依存。

暮らし

甘いものが食べたい。

最近、白米の量を調整している。

お菓子も手元に置いていない。

その成果が体重に現れてくれればいいのだけど、筋トレをしていないからたいして減らない。

結果がでないので、ものすごく食べたくなる。

もう本当に過食の勢いでお菓子が食べたい。

白米が食べたい。

ラーメンが食べたい。

少量で満足してしまった

しばらく糖質制限をしていたのだが、今日の帰り、職場でいただいたお菓子を食べて帰った。

小さいお菓子1個だ。

夕飯はいつもどおり、白米を少なめに。

アイスは食べなかった。

でもなんとなく満足感がある。

そのお菓子がとても美味しかったからだ。

しばらく甘いものを断つと、こんな効果もあるんだな。

Amazonで買えるから、箱買いしようかな、とも思ったけど、

結局そうすると、やけくそみたいな過食をしてしまって、

せっかくのお菓子がもったいないな、と思ってやめた。

毎日食べると健康に影響もあるよ

私はただでさえ、薬の副作用で糖尿病になりやすい、というものがある。

甘いものを毎日食べるのは危険なのだ。

だからやっぱり、休日にお菓子のまとめ買いをするのではなく、

食べたいときにちょこっとだけ買うのがよろしい。

という結論に至った。

たまにはね、過食をしたいときもありますよ、そりゃ。

でもそれは食べたいのではなく、満たされないこころを埋めるための過食にすぎなくて。

きちんと栄養のあるご飯をいただけている今、過食する必要もないわけで。

今日はそんなわけで、食後の甘いもの0で挑んでいますが、わりと平気です。

まあ、冷たいカフェオレ飲んじゃってるせいもあるかもですが(ノンシュガー)。

そんな感じ

最近、年齢を感じることが増えたので(単に老けた)、アンチエイジングにも力を入れていきたいです。

年齢を重ねても美しくありたい。

顔の造形はもうどうしようもないですが、肌はきれいにできるよねって。

糖化も酸化も老化へまっしぐららしいので、気をつけていきたいです。

ではでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました