通院デー

統合失調症闘病記

台風来てるよ

朝から本降りの土砂降りの雨。

この中、外に出るのかあ、と酷く重い腰を上げ、行ってきましたよ、通院。

今日は先生に手短に現在の問題点と前回から今日までの状態を説明して。

頓服はまだ一回も飲まずに出勤できているので、頓服の処方はなしでお願いしました。

(お金かかるからね)

問題点は、私が気にしているタイミングで、それを指摘するように幻聴があり、

職場のひとに監視されている状態のようなストーカーされているような気分に陥ってしまい、

怖くなってしまうことです。

頭の中を覗かれるように、思考が顔に出てしまっているように感じ、それをはっきりとした言葉で言われます。

できないから気にしているのにね。

でもさ、普通の話し声はみんな小さいし、滑舌悪い人多いので、実際の会話で、何を喋っているのかわからないくらいなのに、その指摘だけピンポイントではっきりとした言葉で聞こえてくるの。

音声も職場のひとの声で、音量もそこそこ大きいし。

怖いよね。

でもさ、それおかしくないかって。

そもそもみんな職員同士の会話はぼそぼそ喋っている感じで何言ってるか聞き取れないのに。

はいはい、幻聴ですねー。

幻聴様のお通りですよーってわけなんです。

あとは、お風呂に入るときに、義母がテレビを観ていると、お風呂場のドアを締めても音が漏れるんですね。

でも何言ってるかまでは聞こえてこなくて。

ノイズだけ漏れてるんですが、それがまるで私を血祭りにしているテレビ番組として聴こえてくるんですよ。

着替え終わってドアを開けると、なんてことないバラエティがついているだけなのですが。

これも幻聴です。

トイレに入ったときや、お風呂の脱衣所で、窓が開いているんですが、庭からこちらをみていて井戸端会議をしているストーカーの声が聞こえてきたり。

実際に人がいるわけがないので、これも幻聴です。

統合失調症の幻聴は、幻聴とわかっている(認識している)時点で半分はもう治っていると言いますが、

幻聴と頭ではわかっていても知らない男の人の声や、おばさんの声で聞こえてきたり、知っている人の声で悪く言われたりしつづけると、さすがに怖いです。

たまに錯乱して、幻聴を現実と信じ切ってしまうこともあります。

酷くなると、この間は幻聴で秘密結社という単語が出てきて、あ、これ幻聴だ、と気づいたこともありました。

頭では知っていても理解できるか、というと感情面が追いついていかないです。

そんな感じで、本当はカウンセリングを受けたほうがいいのだけど、私の担当医、週一回しかカウンセリングルームにいないので、休みが合わなくて、なかなか話せてません。

別の先生に診てもらってもいいのですが、(以前の先生はスカイプでもやってくれるのでそちらで聴いてもらおうか迷ってます)、一応、そこのカウンセリングルームと主治医のいる病院の提携があるので、

カウンセリングルームで話したことがそのまま主治医にも伝わるので、便利っちゃ便利で、迷ってます。

でもやっぱりどうしても休みが合わないようなら、二箇所のカウンセリングルームを交互に活用するしかないのかな。

そんな感じ

今はロナセンとエビリファイで様子見です。

これ以上、幻聴と被害妄想が酷くならないことを祈る。

コメント

タイトルとURLをコピーしました